社会のあり方と自分の生き方

福吉の仲間、
中倉君が、糸島警察署から感謝状
を授与されました!

DSC01118.JPG


『女児への暴行事件 犯人検挙に協力
中倉さんに 糸島警察署から感謝状』

7月8日17時40分頃、
糸島市内の公園で発生した暴行事件に際し、
素早い行動で犯人検挙に協力した、
中倉隆介さん(二丈吉井/38歳)。

事件の早期解決への多大な貢献をたたえ、
このたび、
糸島警察署から感謝状が渡されました。

【事件の概要】
7月8日、小学2年生の女児と男児が、
家の近くの公園の砂場で遊んでいたところ、
突然男が女児の背中を押し、
倒すという事案が発生。

一緒にいた男児が、
「おっちゃん!」と、
たまたま犬の散歩中だった中倉さんに駆け寄り、
状況を報告。

砂まみれになった女児の様子を見て、
ただ事ではないと判断した中倉さんは、
すぐに帰宅。
自転車で不審な男を探しに出ました。

妻の香織さんも、
偶然、事件直後の不審な男を目撃しており、
中倉さんに男の服装や推定年齢、
目撃した場所を伝えました。

有力情報を手掛かりに、
中倉さんはほどなく男を発見。
危害が及ぶことを危惧し、
離れた場所から止まるよう指示。
その場で正座させたまま、
通りかかった近隣住民に警察への通報を依頼し、
犯人検挙に至りました。

奈良県で女児連れ去り・監禁事件が発生して
4日後の今回の事件。
最悪の場合、
重大事件に発展する可能性もありました。

しかし、中倉さんの強い責任感と、
迅速で勇気ある行動によって、早期解決へとつながりました。

「子どもや高齢者という弱者を狙った犯罪は、
絶対に許さない」。そう思って無我夢中だったそうです。

事件が発生した場所は、
小さな集落の一角。

中倉さんは、被害女児・男児と知り合いでしたが、
大人も子どもも顔見知りが多く、
普段からお互いによく挨拶を交わしている風習が、
功を奏したと言えます。

糸島警察署の安部英和署長は
「住民のこうした行動が、犯罪の抑止に大きな効果がある。
 勇気ある行動に感謝したい」
と敬意を表しました。


すばらしいです!

ところで中倉君と言えば
福吉幼稚園・保育園の運動会の
父親競技「仮装綱引き」で
本気で仮装するコスプレ仲間。
IMG_3059.JPG

IMG_3375.JPG

IMG_4592.jpg

DSC00741.JPG

中倉君も
変態仮面の格好で
「今日も一日やらかずぞ~」
なんてfacebookにupして
私たちに、笑いと元気を与えてくれていました。

ちなみに変態仮面とは...


私立紅優高校の生徒・色丞狂介が
パンティを被る事で変身する異形のヒーロー。
「フオオオオオオオオッ!!」と雄叫びを上げながら
同時にブーメランパンツと網タイツ以外の衣服を脱ぎ捨て、
パンツの両脇を伸ばして交差させるように肩に通すことで変身は完了する。


つまり、今回の事件は
変態仮面が変態を捕まえたということであり
中倉君は
真の異形のヒーロー、
変態仮面になったということなのです!

個人的に、超絶嬉しい!!

ということで
中倉君のfacebookのタイムラインを遡り
変態仮面の画像を探していると...

「な、ない!!!!」

おそらく、自主的に削除したものと思われます。

(涙)

まぁ、常識的な大人の対応としては当然でしょう。
リスク・マネジメントの観点からも適切な対応でしょう。

しかし、
「これが現代社会なんだ...」
と気持ちが沈みました。

つまり、どんなにいいことをしても
facebookやtwitterやブログを遡られ
足下をすくわれる社会です。

足下をすくおうとする人たちがいると言うことです。

私たちはそれに気をつけながら
危なげないように生きていかなければならないということです。
情報発信しなければならないと言うことです。

でも、そんなんだったら
個性もおもしろみも冗談もしゃれも笑いもなにもない
当たり前で、ありきたりな、無難な社会になります。
そんな人生になります。

そんなことを考えていたら
気持ちが沈みました。

社会のあり方と
自分の生き方が問われたような気がします。