労働交換型地域通貨制度と時間管理術セミナー

IMG_5784.JPG
昨年の1月から
ITO ビジネスランチ会
というのをプロデュースしている。

その場の出会いが面白くて
ケミストリーを産み
思い付きで
いろんな提案をしてきた。

その一つが
「ITO ビジネス 地域通貨」。

お金を払うまでもないけれど
お互いのリソース
(経験、趣味、特技、人脈、等々)
を活用しよう
という労働交換型の地域通貨制度だ。

まだ、正式には
開始していないけど
勝手に使ってみることにした。

新刊のプロフィール写真のために
近影写真が必要だったのだ。

そこで、
一眼レフや
レフ板を持ってる
フリーライターさんに
「写真、撮ってくれない?」
とお願いした。

「OKです」と即答。

「謝礼は日本円?地域通貨?」
と聞くと

「地域通貨で」

「何をすればいい?」と聞くと

「時間管理術を教えてください」

ということで、
先日、写真を撮ってもらい
労働交換の
時間管理術個人セミナーが今日。

しかし、今日はスケジュールがタイト。

午前は、
「女性管理職の登用を加速化させるには」成果発表会
に参加し
空いた時間で出版社へ。
そして午後は、早良区の
「さわらの秋」運営会議と
時間の余裕が全くなく
そのまま
時間管理術個人セミナー。

移動時間に
アクティビティは考えていたのだが
ワークシートを作る間はなく。

しかし
その場で手書きで
ワークシートを作り
コーチングしながら記入していき
やるべき仕事、時間という資源
ムダを「見える化」していく。

あいだ、あいだに、
ゴーシ先生流仕事哲学、時間管理術を
おりこみながら。

子どものお迎えがあるということで
1時間ちょっとでtime up。

短時間だったし
ちょっと行き当たりばったり的だったので
「どうだったんだろう??」
と不安に思っていましたが
「すごかったです!!」
と、大感激していただきました。

これはイケル。

確信しました。

で子どもたちが寝てすぐ
今日の経験とノウハウをつぎ込んで
たった今
ワークシート作りました。

今度、このワークシートを使って
時間管理術セミナーやります。

※写真は、時間管理術個人セミナーの帰り
 夕日が美しかったので車を止めて撮った写真。
 時間に余裕があれば
 「美しさ」に目を向け
 それを愛でる余裕が生まれる。